ピンクリボンフェスタ2014ながさき

ピンクリボンながさき代表 ごあいさつ

ピンクリボン運動をはじめようとしたきっかけは、私の友人がマンモグラフィーを撮影したところ、その結果早期がんと診断され、大切な命を救われたことからでした。

みなさんはご存知ですか?
長崎県では、女性のがんでは、乳がんが一番多いのです図1)。
そして、毎年100人以上の方が死亡しています。
他人ごとではありません。私たち女性の問題なのです。

もっと困ることがあります。35歳から55歳までの若い年齢の方の乳がんが多いということです(図2)。小さいお子様がいらっしゃるお母様にも乳がんの危険が迫っているのです。

お母さまは、家族にとって子どもにとってかけがえのない存在であり、家族の太陽なのです。
そこで、私たちはこのような合言葉をみつけました。

乳がんから女性を守ろう ~あなたとあなたの家族のために~

早期発見をする方法として、マンモグラフィーも近年医療施設に整備されてきました。「1年に1回、必ずマンモグラフィーを受けましょう」と呼びかけたいと思います。もう待てないのです!

乳がんは早期発見により、治る可能性の高いがんです。

現在、長崎県では、マンモグラフィーの撮影率は3~7%です。夢のようなことですが、私たちはマンモグラフィー撮影率50%をめざして活動を開始しました。

欧米では日本よりも乳がんになる方は多いのですが、死亡率は減少しています。早期発見のための検診を充実させてきたからです。欧米は約70%の女性がマンモグラフィーを受けています。
日本においても、長崎県においても、乳がんの早期発見が多くなれば、死亡率は必ず減少するのです。女性の皆様、自分の健康を自分で守るだけでなく、家族のためにも、乳がんの早期発見ができるよう、誕生月にはマンモグラフィーを受けましょう!そして、毎月1回、自己検診を実施しましょう!



※「平成18年度長崎県がん登録事業報告」
※罹患(りかん)とは「病気にかかる」という意

NPO法人 ピンクリボンながさき 理事長 内海 文子
元活水女子大学 看護学部 教授

【NPO法人 ピンクリボンながさき 理事 】
内海文子(元活水女子大学、理事長) 片穂野邦子(長崎県立大学)
貞森直樹(元長崎県立大学) 高比良祥子(長崎県立大学)
前田茂人(長崎医療センター 乳腺外科) 松本幸子(長崎県立大学)
満居德子(ピンクリボンながさき事務局) 吉田恵理子(長崎県立大学)
氏田美知子(元長崎県立大学) 中尾理恵子(諫早記念病院)
   
【 お問い合わせ 】
〒854-0063
長崎県諫早市貝津町1124 宇賀外科医院内
TEL/FAX 0957-47-8595

最近のエントリー

最近のコメント

インデックス

Template(C)powereight.inc.
Powered by
Movable Type 3.34